-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-15 (Mon)
そんな訳で、健太郎と病院へ行ったバレンタインデー。
いい加減疲れたぜって事で、帰りは電車を途中下車して、
大阪城近くのカフェで一息休憩。。。



どうやら、健太郎もさすがに疲れた様で、
せっかくの散歩スポットだと言うのに、
夢の世界へ旅立ってしまった。
健太郎病院1002-4
これじゃーなんで、わざわざ降りたくも無い駅で降りたのか分からない。
病院の後は、せめて楽しい思いをさせてやろうと言う、飼い主心が
分からないのかね。。。
って、まぁ病院ではイロイロされて疲れちゃったのも無理は無いか。



健太郎が寝てしまったので、意味も無く寒空の下でコーヒーを
飲んでいると、母から電話が。
健太郎の病院帰りと答えると、プッと笑いが・・・
プッ=イタチの癖にお生意気ねぇーって事らしい。
2万円近い治療費払ったって言ったら、なんと言うのだろうか・・・



地元の駅へ戻ると、なんと健太郎嫌いと公言していた母が、
迎えにやって来ていた。
しかも、帰り道は抱いて帰ると言う変貌振り。
正月から様子がオカシイと思っていたが、どやら完全に健太郎に
慣れてきた様だ。
この調子で、出張中も預かってくれないだろうか。



そして、なんと去年までは近寄れなかったのに、
今年はこんなモノを用意していた!
健太郎のバレンタイン1002-1
健太郎へのバレンタインデーのチョコレート。
恐るべし母の進化ぶり!
てか、父には買っていないそうで・・・娘としてはちょっと複雑かも。




中身はこんな感じ。
健太郎のバレンタイン1002-2
健太郎、ありがとう。
お前のおかげで、飼い主は美味しいものを食べられます。




母によると、『食わず嫌い』ならぬ『触らず嫌い』だったそう・・・
なんだそれ?



スポンサーサイト
| 健太郎のこと | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。