2017-05-27 (Sat)
健太郎最後のブログ記事を長らくアップする事が出来ず、長期間放置しておりましたが。
このたび改めて掲載させていただきます。ブログのお友達いたちさん達の訃報にもコメントしておらず、もうしわけありません。
タイトル通り、健太郎がいなくなってしまったので、このブログもこちらで最後とさせていただきます。
またどこかでお目にかかることがあれば幸いです。


2月28日未明 健太郎があちら側に行っちゃいました。
日付が変わってわずか3時間と23分の事でした。





健太郎には、まずは私の誕生日(7/28)目標で元気で頑張ろう!
と厳命していたのですが、どうやら月を間違えて逝ってしまったようです。

この、うっかり太朗め。




一人と一匹生活の宿命で、普段は留守番ばかりさせていたのですが、
出発時間を私の居てる時間に設定してくれた事には心から感謝をしています。
出発前にはちゃんとトイレで用も済まして、うっかり太朗なのに準備だけはしっかり太朗でした。

あ、そう言えば・・・
お迎え当初から、「ずーーっと先の事だけど、旅立つなら長期休暇か週末でだと助かるなぁ~」
とお願いしていたのも覚えていてくれたんでしょうかね。




せっかく頑張った健太郎の為に病気の事を少し。

少し報告していた通り年が明けてからインスリノーマと肝臓癌が見つかり、
当初は摘出を勧めらていましたが併せてインスリノーマの症状もあり、体力が落ちている状態では
手術の検討は不可と主治医に伝え、食欲がある=生きる意欲があると考えて、
まずは奪われた体力を取り戻す事が大切だからと、点滴を打って貰っていました。



亡くなる2日前も病院での点滴だったのですが、その際主治医との相談で肝臓以外に
転移が無いかを確認しようと言う事になり、毛刈りをして全体的にエコーで確認。
検査結果はがんの転移が広範囲で見られ、『手術不適合』手術しても意味が無いので
今後は残った時間を大切に穏やかに過ごせるよう緩和ケアを始める事に。



その時処方された、ジアゾキシド(イスンリのお薬)と、ガンの痛み止め。



そんな結果とは裏腹に、その日はなぜか今までの点滴後よりも一番元気になり、
病院の待合室を所狭しとパトロール。
緩和ケアを始めて余命を待つ身とは見えないほど。



細い体で元気にチョロチョロと動き回る様を見て、待合に居たフェレ飼いの方から、
「ベビーですか?」なんて嬉しいお言葉を掛けて頂いたりして。
恐縮しつつ「お爺さんイタチです」と回答すると、毛並やら顔つきからベビーだと思った
とこれまた嬉しいお言葉を頂戴しました。
来て間なしの頃
いや、本当のベビーのころは色が違ってたんですけどね・・・




帰宅後も後脚が弱ってから行けなくなっていた基地へ、久しぶりに点検に行くと言う活発さ。
元気は翌朝も続き、出勤前にケージに入れると(病気で上手く歩けなくなってから、
放し飼いから日中はケージに戻してました)、出せ出せコールをおっぱじめる程まだまだ活力満点。

写真は在りし日の出せ出せの様子。



帰宅後確認してもケージのトイレは綺麗に使えてるし、ご飯もしっかり食べてるし・・・
と、やっぱりこのまま元気で行けるんじゃ?と言う甘い考えが過る程
病気になる前の生活を取り戻していました。



なのに、その日の夜遅く最近は無かったインスリの発作が。
食事回数を増やしてからは使った事が無いぶどう糖を使って、何とか持ち直す。
その後はケロリンパとしていたので、翌日予定していた病院の検診で報告しないとな・・・とか、
考えながら仮眠して、日課になっていた夜中のふやかしご飯の用意をしていたら、健太郎の様子がおかしい。
あんなに走れてたのに、もうまともに歩けない。
ちょっと立ち上がって、フラフラと直ぐに倒れて・・・を繰り返す。

発作か?!と慌ててシリンジでふやかしを食べさすも、全く回復しないし、
いつもならすぐに飲み込むのに、飲み込むのも辛そう。


良く見ると発作の時とは違い呼吸自体が苦しそう・・・

救急病院に行かなくちゃ!!

と最初は焦ってオロオロしていたのに、健太郎の様子を見ていると
あまり時間は残っていないんだなと言うのが不思議と分かってしまって、
それならバタバタせずに、静かに傍に居ようと。
即効性なんて無いんだろうけど、気休めに痛み止めを無理やり舐めさせたら、
しんどいのが和らいだのか、呼吸も穏やかに。
急変してから1時間ちょっとで、息を引き取りました。



今月に入ってからは色々と病気でしんどい思いをさせ、特に後半は点滴の為
通院回数も増えたので健太郎なりにしんどい思いもしていたでしょうから、
突然過ぎましたが闘病生活が長引かなかったのは良かったのかなと思っています。



インスリノーマは本人も飼い主も大変な病気でした。
ただその病気のお陰で、大人になってからなかなかできなかった位
ベッタリ一緒に過ごすことが出来たのは皮肉な感じです。



まぁこれで寝てる所を叩き起こされてご飯食べさせられる心配もなくなったので、
健太郎もホッとしている事でしょう!
20150123121149773.jpg







健太郎と一緒に暮らしたのは7年1ヶ月と24日。
長い様であっという間のいたちの健太郎との生活でした。
いい写真
いたちの去った部屋では、歩く時や座る時、布団に入る時にグニャッとした感覚が無いか心配なくて良いし、
お料理する時に足元に何か落としても、心配しなくて良いし、暖房もつけっぱなしで出かける必要も無いのですが
ちょっと静か過ぎて、ガラーンとしてるのが不思議です。
あんなにチッさいのに、すごい存在感だったんだなぁ。

スポンサーサイト
| 健太郎のこと | COM(0) | TB(0) |
2015-02-27 (Fri)
インスリ太朗になっちゃって以来、甘いおやつが全然貰えない健太郎・・・
でもほんのチョッピリは、爪切りとか耳掃除のご褒美であげてしまうんだけれども。




甘いおやつの中でもフェレットバイトをあんまり使えないのは
お薬とかサプリメントを上げたい時にはちょっと不便。
サプリはふやかしご飯に溶かして食べさせることも出来るけど
途中で「ごちそうさま~」と逃げて言っちゃうことも多いので、
既定の分量を食べれているか怪しい・・・

まぁサプリは補助的な物なので良いとしても、やっぱりお薬は全部キチンと飲んで欲しい。
何かフェレットバイトに変わるもの無いかなぁ~とネットを徘徊していたら、
どうやらトムリンのニュートリカルバイトと言うのが、インスリ太朗でも大丈夫との情報を発見!






今までの8in1のフェレットバイトよりも柔らか目。
黒蜜みたいな感じ・・・かな?





さてさて、健太郎はきにいるのかな??
歩く姿はちょっと弱ってますが、食べる姿は元気いっぱいなので久々の動画でどぞ。

いっぱい付いてる2本目の存在はあまり分からないのか、
いつまでも最初の指をロックオンし続ける健太郎。





これでお薬問題は解決出来そうです♪




| 買い物:健太郎 | COM(2) | TB(0) |
2015-02-23 (Mon)
先日の追記でこっそり書きました通り、昨年11月に脾臓肥大の為、脾臓摘出手術を受け、
その時に疑われたリンパ腫の嫌疑も晴れ、体重も戻って万々歳!!





…だったのですが、今度は肝臓に腫瘍が出来てしまい、
その影響からインスリノーマの症状が出ております。
そん訳で、健太郎通院中です。




と、なかなか落ち着かない状況なので、ついつい健康食品?に手を出したりと、
迷走している感も否めないですが、日々出きることをやっております。



迷走気味な中で唯一現実出来な出来る事の1つ。 病院での点滴。

待合室のテーブルで順番待ちの健太郎。



今回は2回目の点滴で、前回はエコー検査と血液検査もあったので
健太郎のみ処置室で点滴を打たれ飼い主は外でまっていたのですが、今回は診察室での点滴。





ぶっとい注射器に栄養満点の液が入っていて、それをブスーとされるわけです。
栄養満点液は主治医の先生のスペシャルブレンドです。

人間の1滴ずつ落ちてくる、パウチの点滴を想像していたので驚きましたが、
動物の点滴ってこういうもんらしいですね・・・





先生が上手なのか、フェレらしく痛みに鈍いのか、さして痛がる様子もなく瞬く間に修了。

キャリーバッグの中に入れてる防寒用毛布と
一体化する健太郎。
移動が疲れるみたいで、診察終了後はこの様子。


先生の出勤スケジュールと健太郎の様子を見て、早ければ翌日にもまた点滴。 
点滴後は体調も上向きなので暫くは通わる予定。







| 病院:健太郎 | COM(2) | TB(0) |
2015-02-18 (Wed)
健太郎は4歳を過ぎても食欲旺盛でガツガツ良く食べてくれていたのだが、
たまに消化不良ウンチが時折出始めたので
5歳を過ぎた頃から徐々にシニアご飯へと以降させた。
すると・・・・見る見る体重が落ちてしまい1.1kg近くあった体重が600g台へと劇痩せ。

定期検査で病院を訪れた時に主治医から、シニア飯中止、即ふつう飯への切り替えるべしと指示が!
健太郎はもともと低血糖気味なので、シニアご飯ではどうもカロリーが少なすぎるらしい。

ご飯大好き太朗としては、これは嬉しい宣言で、
その後モリモリ普通食?(成獣用)を食べて、1.1kgまで体重を戻してしまった。


その後手術だなんだと色々あり、やっぱり食事面も見直すべきなのかな?と飼主反省し、
ネットで情報収集する程度の勉強を経てフェレット専用食じゃないけれど
この2点のキャットフードを追加で与える事に。

アーガイルキャットのワトルキャット



アズミラ クラッシックキャットフォーミュラ





手作りフード関係(冷凍で届くタイプ)も試したのだが、ちょっと健太郎には合わなかったみたいで・・・
元気なフェレや若いフェレなら良かったのだろうけども、
健太郎の体調が急激に下向いたので今はもう中止。



その前は生肉もあげてみようかと試してみたものの、猛烈に拒否られた上
なんてものを匂わせるんだと睨みつけられたので、お蔵入りになってしまったレバーのミンチ





中身は少しずつの小分けで使いやすいのに…

健太郎には気に入って貰えなくても、
無添加・手作りペットフード用ってことで、
モノは間違いないので、料理に混ぜながら飼主が美味しく頂き中。







今また650gにまで痩せてスリム太朗に。
もうちょっと体重増えるとよいのだけど…




| 買い物:健太郎 | COM(4) | TB(0) |
2015-02-17 (Tue)
お迎え当初は赤ちゃん健太郎の為に毎日ふやかしフードを作っていたけれど、
最近は御老公健太郎の為に日々ふやかしフードを作っている。。。






まだカリカリも食べるんだけれど、最近は食べてる量より
こぼしてる量の方が多かったり・・・





以前は夜のうちにフードを水に浸して、朝柔らかくなったフードを潰して水で溶いて・・・
としていたのだけれど、フードを粉にして都度作る方が良さそうなので今はフードを粉にして
水か先日時のお茶で溶いて作っている。




で、今までは都度これでゴリゴリゴリゴリゴリ作っていたのだけれど、

最近はカリカリ食事よりも、ふやかし食率が高めの健太郎に
急いで食べさせる必要がある時には、時間がかかり過ぎる。





悩んだ末、こちらの製品が良いって事でポチッと購入。

イワタニ ミルサー IFM-720G-W
カップもガラスで清潔感あるし、何より何より早いし出来上がりが綺麗♪




最近はお年を召して、

検疫業務もやや引退気味。





こんなフードが、






20秒もあれば、こんなパウダー状に!





こんな事ならもっと早くに買っておけば良かったぁーー!




高たんぱく品も食べなきゃならないので、無添加ささみジャーキーを






粉にして、フードに混ぜることも出来るし。





と、色々可能性は広がるのです♪




こないだ壊れたマジックブレットの代わりにフードプロセッサー買ったばかりなのに・・・

| 買い物:健太郎 | COM(0) | TB(0) |